引越しの荷造りテープ

MENU

荷物に直接テープを張る場合は、養生テープを利用しよう。

引越しをする時に使われるテープといえば、多くの人がガムテープを思い浮かべます。

 

 

安くて粘着力が強く、どこででも手に入れられることからとても重宝します。

 

しかし本当にその選択はベストなのでしょうか。

 

 

粘着力が強いのは頼もしいのですが、強すぎるためにはがす時にトラブルが起きるときもあります。

 

たとえば、家具の扉を閉めるのにガムテープを張ってしまうと、塗装がはがれたり、綺麗にはがれなかったりする状況はできれば避けたいものです。

 

 

 

引越し業者が使っているテープとして、養生テープというものがあります。

 

これはガムテープと比べて粘着力では劣りますが、手だけで簡単に切ることができて粘着力もガムテープに比べれば弱めです。

 

 

粘着力の低さに不安を感じるかもしれませんが、実際に使ってみると梱包をするためには十分な程よさがあります。

 

 

そしてはがす時に余計なものまではがさないという特徴があるため、とても扱いやすいテープとして人気があります。

 

 

 

もしも、ガムテープを使ってしまった場合、綺麗にはがせれば良いのですが、うまくいかずに跡が残るときもあります。

 

 

早急に対処しなければならないのですが、上手くできずに放置してしまい悪化してしまうこともあります。

 

 

そんな時は食器用洗剤をかけてラップで包んでしばらく待てば、簡単にはがせるようになります。

 

 

固まってしまった部分に水分が染み渡り、洗剤の効果で落としやすくなる一石二鳥の方法です。

 

 

ただし一番は、そうならないように養生テープを使うことです。

 

少しでも引越し作業の負担を軽くするという意味でも、何を使うのかはしっかりとこだわりましょう。