引越し業者の保証

MENU

引越し業者が賠償できる保証の範囲とは?

引越し作業の時は慎重に荷物を運びますが、それでもミスは起きてしまいます。

 

段ボール箱が破損する程度なら問題ないかもしれませんが、その荷物自体が破損してしまうこともあるのです。

 

そこで気になるのは、このようなトラブルが起きた時にいったいどこまで保証してもらえるのかという問題です。

 

ベストなのは新品購入分の弁償ですが、はたしてそこまで保証してもらえるのでしょうか。

 

 

 

引越し業者では、運送業者貨物賠償責任保険へ加入しています。

 

 

これは運送中や保管時に荷物が損害を受けた際、上限1,000万円で賠償できる保険です。

 

 

ただしこの場合は、対象になるのが落下による破損、車両事故、盗難、水漏れ、火災などになります。

 

天災や予測不可の出来事の場合は保証されません。

 

 

 

また対象外となる物品もあり、現金、証券、株券などや貴金属は含まれません。

 

そもそもこれらは、引越し業者自身が運送を断ることもあります。

 

 

運送業者が加入している保険の他にも、引越し荷物運送保険というものがあります。

 

これは消費者が加入するもので、追加料金を支払うタイプもあればパック料金の中に含まれている場合もあります。

 

 

こちらも上限は1,000万円となっていますが、掛け金によって上限が異なるところに注意してください。

 

全額補償になるのかどうかは、保険の種類やどんな荷物なのかによって変わってきます。

 

これらの保険適用外となる荷物があるなら、自分で特別保険へ加入しておくと良いでしょう。

 

できれば費用は抑えたいと思うかもしれませんが、その選択で後悔してしまう可能性もあるのです。