お仏壇の引越し方法

MENU

お仏壇を引越す場合は礼儀作法があります。

仏壇も引越しにはいくつかの注意点があります。

 

例えばタンスのような普通の家具なら、引越し前にタンスの中身を全てダンボールに移しておけば、後は業者がタンスが傷つかないように梱包してから運び出しトラックに積み込むだけなので特に他の作業は必要ありません。

 

しかし仏壇の場合はただ中身をまとめて運び出せばいいというわけには行きません。

 

仏壇の引越しには礼儀作法がありますので、念のため礼儀作法はわきまえておきましょう。

 

 

引越し業者なら仏壇の引越しも経験していると思いますが、見積もり時に仏壇がある事と、作法を守って引越ししたいと伝えておくと安心です。

 

 

まず仏壇の引越しをする前には、位牌とご本尊の精抜きをしなければいけません。

 

これは宗派により呼び方も違いますが、仏壇の引越し前には必ず行いましょう。

 

精抜きはお寺にお願いしますが、大抵の場合は檀家となっているお寺の住職に頼めばやってもらえます。

 

 

ただし精入れには費用がかかりますし、車代なども用意しておくのがマナーです。

 

地域により費用は異なりますが、相場としては10000円から30000万円前後でしょう。

 

 

引越し荷物の中に仏壇がある場合は、精抜きを済ませ一番最後に運び出します。

 

引越し先についたら一番最初に仏壇を運び入れますが、運び入れた後に精入れを行います。

 

 

引越し先が今まで住んでいた地域とかなり離れる場合は、お寺も違ってきますので事前に引越しの際の精入れをしてもらえよう手配しておきましょう。

 

 

距離が近ければ檀家のお寺で、精入れもお願いできます。

 

 

新しい土地でお寺の場所などがわからない場合は、檀家となっていたお寺に相談すれば教えてもらえる場合があります。

 

ちなみに、精抜きの依頼は、引越しの1か月前までに済ませおきましょう。

 

 

精抜きの法要は1週間前から前日までに済ませておきます。

 

当日に法要をすると、慌ただしい中法要をお願いする事になるので前もって済ませておくのもマナーです。

 

運び出す順番と、新居に運び入れる順番も確認しておきましょう。