家具のレンタルサービスの利用がお得なのは?どこがお勧め?

MENU

家具レンタルサービスのメリットは?お勧めの代表的な会社は?

引っ越し代金に悩む夫婦

  • 転勤が多い方や、
  • 仮住まいを探している方、
  • 単身赴任の方
  • 入学など学生の方

にとっては、短期間の引越しに伴う家具の新規購入や、運送は大きな負担になってしまいますね。

 

 

ヒント家具レンタルサービスなら、新しい家具の利用に加え、運賃~設置、また不要になった際に処分費などの手間がかかることもありません。

 

レンタルする期間にも寄りますが、家具をイチから購入する場合とレンタル費用のどちらが安いのかをチェックして行きましょう!

 

ここでは、特に有名な家具レンタルサービスについて費用や概要について、掲載しています。

 

 

デザインアークは費用が安い点が魅力!

まず、最初に紹介したいのが、大和ハウスグループのデザインアークが行っている家具・家電のレンタル&リースサービスです。

 

 

生活で必需品となる主要家具の

  • ダイニングテーブル
  • ローテーブル、
  • 食器棚、
  • デスク、
  • ソファー、
  • ベッド、
  • カーテン

など一通りの家具をレンタルで提供しており、上記の一式のプランだと1か月だと22,000円ほど、1年で9万円ほどです。

 

チェック契約内容は、1~12ヶ月の間で家具を借りられるレンタルプランと、1~4年間の間で家具を借りられるリースプランの2種類が用意されています。

 

プランの違いは、

  • レンタルプランの場合にはリユース品ですが、メンテナンスとクリーニングが完了しています。
  • リースプランの方では新品の家具を借りることが可能です。

 

 

チェック家具が気に入った場合には契約期間を延長することができますし、反対に契約期間内に引越しなどの予定が入った場合には途中解約を申し出ることもできます。

 

リースプランの場合、契約期間未満の場合は、中途解約料が別途必要になります。

 

 

もし、契約期間中の家具に不具合が生じた場合には、修理費無料で交換等に応じてくれますから、安心して利用することができる会社と言えるでしょう。

 

 

かして!どっとこむは品ぞろえの豊富さが魅力!

株式会社サークランドによって運営されている、かして!どっとこむは、日本全国へのレンタルに対応しています。

 

 

 

  • ベッドやテーブル、ソファーはもちろん、
  • 本棚や食器棚、
  • カーテン、
  • 自転車、
  • ウォシュレット、
  • ドアモニ(ドアモニター)

など多種多様なアイテムを取り揃えていることが強みです。

 

 

契約期間が長いほど割安になるという料金形態で、
例えば中古ベッドの場合、30日間のレンタル料金は14,040円、2年間のレンタル料金は30,240円となります。

 

また、期間中の修理や交換、設置作業にも迅速丁寧に対応しており、電池などの消耗品も無料提供となっています。

 

 

それぞれの家具・家電は、中古または新品でのレンタルか選ぶことができ、

 

  • 契約期間は、中古の場合には最短30日から最長2年間、
  • 新品の場合には最短30日間から最長4年間までの間

で選択することが可能です。

 

 

スタイリクスはお洒落な高級家具が魅力!

スタイリクスは東京にオフィスを構えている家具レンタル会社ですが、沖縄を除く全国の都道府県でサービスを利用できます。

 

 

ヒント特徴的なポイントとしては、インテリアコーディネートの相談を専門スタッフに行える(無料)という点で、新居に合った家具をプロの目線で選んでもらうことが可能です。

 

 

普段の生活で生じてしまう擦り傷や汚れに関しては、補修費を請求されることが無く、レンタル家具でも気兼ねなく伸び伸びと利用できることで人気です。

 

 

ヒント契約は月額制を導入しており、商品代金に応じてレンタル料が変動します。

 

料金システムは少しややこしいのですが、初期費用として商品代金の30%分のお申込金が必要となります。
お申込金は家具の返却後に全額キャッシュバックされます。)

 

また、レンタルした家具の買取をしたい場合には、商品代金ー支払い済みのレンタル料金が差し引かれるため、掛け捨てにならず経済的です。

 

 

 

他社と比較しても、高級ブランド家具を多く取り揃えていることが魅力的です。

 

購入することがなかなか難しい憧れの家具を自宅に設置したいという場合には、最適と言えるレンタル会社になっています。

 

ヒント各社のレンタル料金と比べて、今ある家具の運賃の方が安いのかを比較するためには、トップページの家具の引っ越し料金比較リンクナビボタンを参考にして下さい!