家具が売れるのはどこ?売れる家具・売れない家具の特徴!

MENU

家具を処分したい、出来れば買取額を付けてもらいたい!

家具査定

 

引越しで家具を処分する、あるいは買い替えを予定している場合には、どこのお店だと高く売れるのか気になりますね?

 

まず、一点目に候補に入れるべきなのが大塚家具の買取・下取りサービスです。

 

 

大塚家具で新しい家具を購入する場合に不要な家具を下取りに出すと、査定金額が20%アップとなるのが一点目のお勧めポイント。

 

こちらなら、下取りだけでなく、買取だけもOKです。

 

※下取りとは、そのお店で他商品を買う事を前提に不要な家具を売る事を指します。
一方、買取とは商品を買わずとも家具だけを買い取ってもらう事を指します。

 

 

さらに、無料配送エリア内であれば家具の引取り料金が無料になるため大変お得です。
(東京や大阪など主要都市は全域で無料。詳しくは公式ページで)

 

大塚家具以外の家具でも査定に応じてもらうことが可能ですが、

 

  • 15年以上使用した家具
  • 劣化や破損が目立つ場合
  • マッサージ器
  • 学習机
  • 仏壇

 

等といった一部の家具に関しては値段が付かないこともあるので、お申し込み前には無料査定をお勧めします。

 

 

訪問査定は出張範囲内のエリアであれば無料となっており、申し込みはウェブやフリーダイヤルから簡単に行えることもメリットとなっています。

 

公式サイト:大塚家具の買取ページはこちらから

 

 

 

また、IKEAでも家具の売却は可能ですが、下取りのみとなっています。

 

ただし、大塚家具とは異なりIKEA製のアイテムのみが下取りの対象となり、たとえIKEA製であったとしても

 

  • ベッドやマットレス、
  • ベビー用品の家具、
  • ガラス部品が入る家具
  • 屋外で使っていた家具

 

等は下取りの対象外となっているため注意が必要です。

 

 

IKEAの下取りを利用する場合には、ウェブのフォームに必要事項を記入し、画像を添付して査定額の提示を待ち、引取りとリターンカードでの還元を受けられます。

 

公式サイト:IKEAの下取りページ

 

 

 

無印良品でも、新しい家具の購入時に同種製品の無料での引取りに応じています。

 

こちらでは、買取や下取りサービスは無く、同商品を購入時の引き取りのみとなっています。

 

引き取り対象となるのは、

  • ベッド各種
  • ソファー
  • テーブル

等となり、

 

  • 電動ベッド
  • マッサージチェア
  • 学習机

 

などは、引き取り不可のためご注意ください。

 

 

また、東京インテリアでも不要な家具の引取りを行っていますが、こちらは2,000円から5,000円の料金がかかる有料サービスとなっています。

 

ただ、東京インテリアのようなお洒落な家具や高級家具であれば、本店で引き取りをしてもらわずとも、ウェブ上で他買取店が査定を受け付けているのでお試しください。

 

 

どういったブランド家具なら売れるの?売れない家具とは?

高級家具

 

家具買取の査定の対象になりやすいのは、いうまでも無く有名ブランドの製品やデザイナーズ家具です。

 

 

特に海外では、

 

  • カッシーナや
  • ドレクセル
  • ヘリテイジ

 

といった高級ブランドや、

 

日本製では

 

  • 松創、
  • モリシゲ

 

などのブランドは、購入から10年程度が経過していても高額な査定を期待できます。

 

 

反対に買取を期待できない家具は、

査定が出来ない家具

 

  • ノンブランドや
  • 傷みの激しい家具、
  • そして購入から長い時間が経過した家具

 

です。

 

ベッドなどの使用感が出やすい家具は、シモンズ等のブランド品を除くと一度使用しただけでも買取が不可能となってしまうケースが多い現実があります。

 

まずは買取に向けた査定を受け、買取が不可能や手数料が必要な場合には、無料で下取りや引取りをしてくれる家具店を利用して家具の買い替えを行うことがお勧めです。