家具引っ越し時の準備事項

MENU

自力での運搬は特に注意。

引越しを業者に依頼するときには、あらかじめ梱包や荷開きまでやってもらえるプランを選んでおくと、それらの工程で何らかの不具合が生じたときに保険で保障してもらえます。

 

 

しかし、一人暮らしの社会人や学生など、荷物が少ないために業者に頼らずに引っ越す場合には、トラブルが生じたときには自己責任になりますので、気をつけて運搬する必要があります。

 

 

 

家具の運搬時の注意点としては、運ぶ荷物だけでなく、住居に傷をつけないように養生をきちんとしておくことが重要です。

 

また、家電のように精密機械を運ぶときには、湿度や衝撃には十分注意をしましょう。

 

 

養生は、ホームセンターなどで緩衝材を買って包むと簡単ですが、不要になった毛布やバスタオル、ダンボールなどを使っても良いでしょう。

 

 

搬出中に手を滑らせることがないように、紐をかけてもち手を作ったり、滑り止めのついた軍手を付けて運ぶと安心です。

 

 

ガラスのように割れるものがついていればはずして別途梱包し、コードがあるときには運ぶときに踏んづけることがないように結んでテープなどで留めておきましょう。

 

 

家電製品は、できるだけ傾けたりせずに運び、高温や多湿を避けて運搬しましょう。

 

無事に新居に荷物を搬入したら、次は設置です。

 

 

テーブルやチェストなどは、一度設置したらあまり動かすことがなくなりますので、事前にきちんと埃などを取って綺麗な状態で設置するようにしましょう。

 

テープや紐など梱包の際に使ったものは、長時間そのままにしておくと傷が残ったり塗装がはがれることがありますので、設置し終えたら早めに外してあげて下さい。

 

また、アート引越センターやヤマトは家具の移動サービスを引越し後でも行ってくれるので見積もり時に確認してください。