学習机の引っ越し準備でやること

MENU

解体や組み立てが必要になった学習机

 

お子さんがいる家庭では引越しをする際、学習机も荷物に含まれる事が多くなります。

 

今は昔と違って学習机も様々なタイプがありますので、タイプによっては解体作業や組立作業が必要になります。

 

 

学習机のメーカーによる違いもありますが、複雑なパーツの組み合わせや、成長に合わせて高さや広さを調節出来るようなタイプの学習机は、専用のレンチがないと分解も組立もできない事があります。

 

 

これは学習机を購入した際に必ずセットで付いてきますし、説明書や保証書と一緒に保管しておけば引越しの時もスムーズに作業ができます。

 

 

ここで一つ注意しておきたいのが、複雑な構成の学習机ほど分解した人が組み立てないと組み立てられなくなる可能性がある事です。

 

 

今は家具の分解や組立なども全て引越し業者にやってもらうおまかせパックなどもありますが、便利な反面費用が高くなります。

 

費用を浮かせたいなら自分で分解しておき、分解した状態で運んでもらい、引越し先での組立も自分で行います。

 

組立や分解が面倒なら、全て引越し業者に任せるのがおすすめです。

 

 

専用のレンチがある場合は、学習机の引き出しや机のどこかにテープで貼り付けておくとなくさずに済みます。

 

すべてお任せする場合も、引き出しの中身や本棚の本はあらかじめダンボールなどに移動させ、何も入っていない状態にしておきましょう。

 

こうすることで学習机の重量も軽くなりますし、運搬中に何かを失くしたり落としたりする事もありません。

 

また、子供部屋の荷物は専用の段ボールを作り分けて入れて、マジックで記載しておくと荷解き時に楽で良いです。

 

業者に無料でもらったダンボールでもマジックで書いてしまって問題ありません。

 

 

 

引越し前は必ず業者に見積もりをしてもらって下さい。

 

学習机がある場合も、実際に学習机を見てもらい分解や組み立てが必要かどうかを把握しておけば費用も比較しやすくなります。

 

引越し業者によって学習机にかかる費用や手数料も違っています。
数社を比較する事でかなり料金の違いが生じる事もありますから、見積比較は節約のためにも大切です。
全て任せる場合は費用がかかっても、運び出しから全てやってもらえるので意外と便利です。

 

詳しくはこちらを参考にして下さい。