引越ししやすい家具

MENU

引越ししやすい家具の抑えるべきポイント!

転勤族や単身赴任などで引越しが多い方だと、引越ししやすい家具を選ぶべきですね。

 

購入や買い替え前に押さえておくポイントとしては、

 

  • とにかく安く、
  • いつでも捨てられて
  • 軽く、小さく
  • 運びやすいタイプの家具

を選ぶ事が大切ですね。

 

 

カーペットは使わず、ラグやパズル式のマットで対応

 

例えば、カーペットは、仮に同じ6畳の間取りの新居に引越したとしても柱の位置の違いなどで、そのまま使用できないケースが多いですね。

 

カーペットの代わりになるものとしては

  • パズル式のマット:600円程度
  • 小さなラグ:2000円程度
  • タイルカーペット:50cm×50cmで250円程度
    (カーペットですが洗えるタイプもあり便利です。)

を代用すると便利です。

 

 

カーテンの代わりになる物は?

 

カーテンは、新調すると値段が高く、引越しを頻繁にされる方はその都度買い替えではいくらお金があっても足りませんね。

 

カーテンの代わりになるものとしては、

  • テープルクロス:500円程度
  • 大判布:1mで300円程度
  • すだれ:1000円程度
  • 目隠しシート:セリア100均で販売

 

(カーテンは幅や天井の高さに合わせてのジャストサイズないと、見た目がおかしくなりますし、長いぶんにはサイズ直しも可能ですが、反対に短いとどうにもなりません。)

 

もう、サイズが合わない場合には思い切って廃棄してしまいしょう。

 

家具については、とにかく軽く移動しやすく、またかさばらない物を選ぶようにしましょう。

 

 

テーブルや椅子は折り畳み式、または座布団

 

テーブルは分解できる場合もありますが、椅子はかさばってしまうため、引越しの際にネックになってしまいます。

 

ダイニングセットとしては、

  • テーブルは組み立て式:5000円~10000円程度
  • 椅子は折り畳み式:1脚3000円程度
  • カウンターチェア:1脚2500円程度
  • パイプチェア:1脚1000円程度
    (見た目は良くありませんがとにかく引越ししやすい)

 

もう、椅子など使わず座布団で対応する方法もありますね。

 

ベッドは組み立て式、マットレスは折り畳み式がおすすめ

 

引越し荷物として、最も大型となるベッドの選び方としては、こちらも分解や組み立てがしやすく、なるべくコンパクトなタイプの製品を選ぶと良いでしょう。

 

引越しがしやすいベッドとしては、マットレスは折り畳み式の選択が必須です。

 

  • マットレス付き折り畳みベッド:15000円程度
  • パイプベッド:12000円~
  • すのこベッド:10000円~
  • 折り畳みマットレス:4000円程度から

 

 

高級ベッドのようにサイズが大きいのに曲げれないタイプは、引越しの際にはネックになってしまう荷物の一つです。

 

立地条件や間取りによっては搬出・搬入も難しく、引越し運賃も跳ね上がるため買い替えも検討して下さい。

 

タンスはカラーボックスと収納ボックスを活用

 

大物の家具であるタンスも代用品としてカラーボックスやチェストや収納ボックスの利用が便利です。

 

部屋にそのまま置いてあると見た目が気になるのであれば、カラーボックスや収納ボックスごと押し入れに入れてしまいましょう!
(押し入れの高さとカラーボックスのサイズは10cm程度空きがあるか事前に確認して下さい!)

 

  • カラーボックス3段式:1500円程度
  • 収納ボックス分解可3段式:3000円程度
  • 移動式ハンガーラック:3000円程度

 

衣装ケースに衣類を入れておけば、引越しの際にダンボールに移し替えずに運んでくれるのでこの点でも便利ですね。

 

本棚や食器棚にもカラーボックス!

 

また、本棚や食器棚の代用品としてもカラーボックスは大活躍します。

 

本箱ならそのまま使用すればOKですし、扉付きを選べば食器棚にも変化しますね。

 

(転勤族だと、本棚や食器棚は思い切って処分してしまう方も多いようですよ。それで不便になったという方の意見は見当たりません。)

 

 

カラーボックスは、組み立てや分解もネジを止めるだけというシンプルな設計であり、分解してしまえば板だけになるので、運搬も簡単で傷が付きにくいというメリットもあります。

 

 

また、価格としても家具と比較すれば非常にリーズナブルであるため、買い替えもしやすく、新居の雰囲気にマッチした色のカラーボックスを買い直しやすいこともポイントですね。

 

まとめ

 

とにかく軽量で大きくなく、運びやすいタイプのものと頭に入れておく事で引越ししやすい家具を選べるようになりますね。

 

物干しざおなども購入はせずに、ロープや突っ張り棒を1本かけてそこにハンガーで衣類を干す方法もありますね。

 

不必要な物は購入せず、シンプルな家財だけに済ませた方が、引越し運賃も節約でき、荷物も減り荷造りも楽になります。