ダンボールの配布方法

MENU

契約時のダンボールの配布方法を詳しく

引越しをする際、欠かせないのが段ボールです。荷物が多い少ないにかかわらず、家財をまとめて運ぶことができる段ボールはできるだけ早いうちに用意し、スムーズに準備を進めていきたいものです。

 

 

段ボールの配布サービスは、引越し業者によって違いはありますが、多くの業者で引越しの契約をした際、ある数量までは無料でサービスしてくれます。

 

全体的な荷物に応じて段ボールを30枚、50枚など、既定の数まではもらうことができます。
単身なら10~20枚、家族なら最大50枚まで無料が一般的です。)

 

この時にもらえる段ボールは、ほとんどの場合新品のものです。

 

 

いつもらえるの?

 

一般的には、引越し業者は見積もりに来る時に既に何枚かの段ボールを車に積んできています。

 

そのため、契約が決まったらその場で必要最低限の段ボールをすぐにもらえることが多くなっています。

 

もしもその場で段ボールの用意が無かったとしても、遅くとも翌日までには届けてもらうことができます

 

 

足りなくなったら?

 

もしも、引越し準備を進めるうちに思いのほか荷物が多く、段ボールが足りなくなってしまった場合は、
引越し業者に連絡をすればその日のうちか翌日までには持ってきてもらえますが、既定の量を超えた場合は有料になることもあります。

 

 

追加の連絡をした時に確認しておきましょう。

 

もしも有料になるのが嫌な場合は、近くのドラッグストアやスーパーに行けば、無料でもらえる段ボールがたくさんあるので、足を向けてみましょう。

 

 

 

その他の無料資材として、ハンガーボックスや、食器を割らないように運ぶことができるような楽々ボックス、布団袋やベットマットカーバーの提供がありますが、この場合は、新品ではなく他の引越しの際に使ったものを再利用することもあります。