契約後の引越し業者の変更

MENU

契約したけど他に良い業者が見つかった場合はどうするの?

引越しの予定があって業者と契約書を結ぶことになった後で、もっと他に良いところが見つかるケースがあります。

 

 

これは単純に評判の話もあれば、自分が利用する場合にもっと安くなるところが見つかるということもあるなど様々です。

 

 

そこで問題になるのは、すでに契約してしまった後に他の業者へ乗り換える場合に、キャンセルするにあたって問題が発生するのかどうかです。

 

 

引越し約款に記載されているため、引越し業者との契約をキャンセルする場合にはキャンセル料が発生します。

 

 

しかし、これは引越しの前日か当日でなければ発生しないため、それ以前の日にキャンセルを申し出たところで何も問題はありません。

 

 

しかし業者によっては、何日前までに申し出てくれなければキャンセルできないと契約書に記載している場合があります。

 

 

もしもそれが国土交通省から許可を得ている約款なら効果はありますが、そうでなければ何の拘束力も持たないものです。

 

 

 

また、ここで気をつけなければならないこととして、

 

引越しをする前に業者から梱包資材を提供されている場合です。

 

 

 

サービスの利用を前提として渡されたものですから、返却しなければなりません。 

 

場合によっては実費で買い上げをする必要があります。

 

 

資材費のほかに、工事の着手(エアコンなど家電の取り外し)があった場合は、それらも実費の支払いが必要になります。

 

 

実質的にこれがキャンセル料のようなものになると言えます。

 

 

引越し業者との契約はクーリングオフ制度を利用するほどのことにはなりませんが、それでもこのような事態は避けたいものなので、

 

もし話がうまくまとまらないようでしたら、新たに依頼する業者に間に入ってもらうようにしましょう。